01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
ヒロイワナイン
 
<< ゾウアザラシのムトちゃん | main | 稽古にっき >>
1446255145381.jpg
中学の頃一目惚れした転校生とお付き合いしたことがあるんです。
どうも、本城雪那です。

http://karamawari07.jugem.jp/?eid=1884
えっちゃんの11月公演、ヒロイン募集し始めました。よろしくお願いいたします。
こちらのリンクから詳細に飛べます。

ヒロインといえば野田秀樹さんの戯曲で年増の女の役が「私はヒロインだから、ドラマはあなた方をヒロワナイン、拾われないの」ってな、台詞がある。
ばっかだなあ、この台詞。と思ってたけど、モブをやっているときはそんなことも考える。

やっぱり、心情が明らかに作りやすい役とそうでない役というのがある。特にえっちゃんは顕著で、モブと言うか、忘れらんねぇよの時は、僕、モンスターだったし。ザコモンスターなんてのに感情移入はできないよ、さすがに。

昔、どんな役にも端役はないなんて教えられたけど。
あるよ!そりゃあるだろ!!!
給料だって違うだろうが!役によってさ!ふざけんな!お前もアンサンブルのアンサンブルのアンサンブルみたいな役やってみろ!バカ教師!

この間カードゲームを教えてもらう時も、どんなカードもね、使い方1つだから何て言ってたが、一枚十円のカードと数万円するカードじゃ割りに合わない。
世の中そんなもんである。

ただ、そのヒロワナインの台詞をはいてるのは、全くもってヒロインでない。ただの勘違い女である。
だから、僕も自分がヒロインのつもりでやれば凄くいい芝居ができるんじゃないか!ノットヒロワナイン!
そう物語の主人公はいつも自分なんだ。

てか、おいらヒロインには一生ならないんじゃないん?せめてヒーローじゃないん?
 
auther:劇想からまわりえっちゃん, -, comments(0), trackbacks(0), - pookmark
スポンサーサイト
 
 
auther:スポンサードリンク, -, -, -, - pookmark
Comment
 









 
 
Trackback URL
 
トラックバック
,
 
 
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.